二重整形をする際の医師選び【知識や技術のある医師を選ぶ】

開眼時にひだを作る

カウンセリング

コスパが良いのは

美容整形で人気の二重整形は、切開法よりも埋没法を受ける人の方が多いといわれています。埋没法とは生まれ付き二重の人と同じように、まぶたを開けたときに二重の線ができるよう、糸で一部を縫い留める施術です。美容外科医オリジナルの術法もありますが、基本は瞼板法と挙筋法となります。軟骨に似た組織の瞼板に縫い留める瞼板法は、埋没法の基本中の基本と言える術法です。まぶたの裏に通る糸の輪が大きいと眼球に傷を付ける可能性があるので、小さな輪にして、留める箇所を増やすのが1点留めや2点留めなどと言われる手法です。一方の挙筋法は瞼板上部に位置する挙筋腱膜に糸を固定する手法で、糸を強く結ぶとまぶたが上がりにくくなるので少し注意を要します。糸の結び目が目立ちやすいという問題もありますが、柔らかい組織に糸を通すために痛みが少なく腫れにくく、瞼板を変形させることもありません。埋没法では糸が取れて再施術する人がいるものの、挙筋法であれば糸の結び目が埋もれることが少ないため、やり直すのが簡単だと言われています。双方の術法にはメリットとデメリットがあり、どちらが良い方法かははっきりとは言えません。医師の考え方も色々なので、何人かの医師に話を聞いてから決めるといいのではないでしょうか。埋没法で糸が取れてしまったら再施術も可能ですが、何回も行うのとまぶたに負担をかける可能性がある点と、切開法の方がコストパフォーマンスが良い可能性がある点は考慮しましょう。埋没法の料金は7万円から17万円、切開法の内、全切開法の料金は25万円から54万円が目安です。クリニックによって倍以上差があることも珍しくありませんし、埋没法では糸を留める箇所が増えるほど料金が上がります。もし10万円で埋没法を行って再施術を受けたら20万円かかるわけですから、一生二重でいられる可能性が高い全切開法を行うのが妥当と言えるかもしれません。元々まぶたが分厚い人は重さが負担となって糸が取れてしまうので、埋没法は適さないと言われています。本来適するのは切開法で、まぶたを切ったときに脂肪を除去して縫うとより綺麗な二重にすることが可能です。反対にまぶたの脂肪が少ない人は埋没法でも長持ちし、人によっては半永久的な効果が得られています。まぶたの状態を見て、適した術法を提案してくれるクリニックで施術を行った人は満足度が高いです。また、埋没法の糸が取れてしまった場合に無料でお直しできる保障を用意しているクリニックで施術すると安心感があるかもしれません。